マンション投資のトラブル

マンション投資TOP >> マンション投資のトラブル >> 家賃保証・サブリース

マンション投資と家賃保証・サブリース

マンション投資で時折見かけるのがサブリース物件です。もしかしたら家賃保証物件などという広告を見かけたことがあるかもしれません。サブリース物件とは不動産会社が物件を一括で借り上げ他の人に貸す制度を指します。サブリースのメリットはマンションの管理が必要ないことです。すべて管理会社に任せておけば良いので、メンテナンスの必要がありません。これは一見メリットがあるように見えるかもしれませんが、実際にはメリットよりもデメリットの方が多いため、投資対象とする場合には注意が必要です。

サブリース物件で時折生じる問題が家賃保証です。長期的に家賃の支払い保証をするという物件は特に注意が必要です。なぜなら投資物件の資産価値は一定ではなく、経年劣化とともに資産価値は目減りします。つまり一般的な投資物件であれば、家賃収入は右肩上がりということはなく、年ごとに下がっていくのが普通です。もし長期にわたって家賃収入が変わらないという物件は気を付けたほうが良いでしょう。そのようなことは決してないからです。35年家賃収入保証といったような言葉には要注意です。

家賃保証という言葉にはどのような意味があるのでしょうか。サブリース物件で家賃保証と記載されている場合、35年間同額の家賃収入があるという意味ではありません。むしろ支払い家賃については見直しが必ずあるため、家賃収入は目減りするのが普通です。良心的な不動産会社ならサブリース物件のデメリットに関する説明をするため、家賃収入に関するトラブルは起きにくいです。マスコミ報道でも問題になったように、サブリース物件は詐欺まがいの手法が多いため、家賃収入の低下に注意する必要があります。言い換えればサブリース物件や家賃保証という言葉はマンション投資家に対する売り文句の一つでしかありません。

もしマンション投資でサブリース物件を考慮しているのであれば、区分所有のマンション投資などに切り替えることをおすすめします。その理由は利回りが低下するリスク最小限に抑えられるからです。サブリース物件だと、家賃収入がいきなり3割〜4割も減らされることがあります。場合によっては家賃収入が一気に5割以上低下することさえあるのです。このような事態を避けるためにも、サブリース物件に手を出さないようにすることが大切です。そうすることで、資産を有効に活用することができ、不労所得を確実に確保できるようになるからです。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.