マンション投資と勧誘電話

マンション投資TOP >> マンション投資のトラブル >> 勧誘電話

マンション投資と勧誘電話

マンション投資でよくある迷惑話の一つが勧誘電話です。職場に直接電話をかけて投資用マンションの購入を勧める業者も増加しています。勧誘電話の内容のほとんどが利回りの高いマンション投資に関する説明で、本来ならありえないような内容の投資話が多数を占めています。安易にこのような勧誘電話を信じ切ってしまうと、投資で失敗してしまうだけでなく、多額の借金を背負うことにもなりかねないため、注意が必要です。マンション投資に関する勧誘電話は年々巧妙化しているので、引っかからないように自衛策を講じる必要があります。

電話勧誘の内容で多いのが、ワンルームマンションに関する投資話です。ワンルームマンションやワンルームアパートは空家率が低い場合が多いですが、それでも利回りはそれほど高いとは言えません。不動産投資家の多くはワンルームマンション投資が利回りの低いものとみなしています。もちろん利回りが得られないというリスクは低下しますが、投資する資産と実際に得られる利回りとを比較してみると、赤字になってしまう場合が多いです。もちろん老後資金を確保するために、ワンルームマンションに投資する人もいますが、そのような場合は、リスクがより低い物件に投資するのが普通です。

電話勧誘で紹介される物件は、実際には利回りが見込めない不良物件である場合が多いです。具体的には事故物件だったり、利便性が低く空家率が高かったりする物件が中心です。電話勧誘で紹介する場合、そのような負の面を隠し、あたかも儲かるかのような話を持ち掛けます。詐欺まがいのような手法で勧誘する場合も珍しくありません。例えば「投資物件として購入すれば、今の資産が2倍になります」とか、「家賃保証は一生涯続きます」といった話を持ちかけます。このようなうまい話はあるはずがないのですが、引っかかってしまう人が後を絶ちません。

どのような人が詐欺まがいの勧誘に引っかかるのでしょうか。ターゲットになるのが高齢者です。高齢者の中にはうまい話を聞かされて本当にそんなことがあるのだろうか、と考えるよりも、儲かるならやってみたいという気持ちになってしまう人がいます。少ない年金を増やしたいという切実な気持ちがあるからかもしれません。あるいはすでに資産があってそれを活用する良い方法がないかと考えているときにうまい話しがあると、ついつい営業マンを信じ切ってしまい、不当な契約を結ばされてしまうこともあります。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.