マンション投資と地震・火事

マンション投資TOP >> マンション投資のトラブル >> 地震・火事

マンション投資と地震・火事

マンション投資で考えなければいけないのが自然災害や火災リスクです。日本は地震大国としても知られているほど地震発生率が高いです。東日本大震災のような大地震が発生するリスクは常に付きまといます。そのためマンション投資をする際には、地震リスクを考えるのが必要不可欠です。地震リスクや火災リスクを踏まえて不動産投資に踏み切るなら、不動産投資で大きな損失を出す心配が減少します。投資物件を選ぶ際には、リスクをよく考える必要があります。単に物件が安そうだから、立地条件がよさそうだからという理由だけで投資対象として選ばないようにしましょう。

地震リスクを考慮する場合、投資対象となる物件の耐震性能を調べます。日本は世界的に見ても厳しい耐震基準があります。特に耐震性能が高いのが昭和56年以降の新耐震基準に従って建設されたマンションです。投資物件を選ぶ場合、対象物件が新耐震基準に沿ったものであるかどうかを考えると良いでしょう。特に東海から関西にかけての地域は南海トラフ巨大地震のリスクがあります。東日本大震災に匹敵する大地震が起こる可能性が指摘されているため、対象の地域で投資物件を探す場合は、新耐震基準をクリアしたものかどうかをチェックする必要があります。

投資物件を購入する場合、同じ地域に偏らないようにすることも大切です。仮に大地震が同じ地域で発生してしまうと、修繕費用などが発生し、利回りがなくなってしまうことがあります。予算的に複数の投資物件を持つことが難しい場合には、区分所有のマンション投資をすることで、リスク回避ができます。地震発生リスクを調査し、災害のリスクが低い地域の投資物件を購入することもできるかもしれません。リスクは分散させることが、マンション投資成功の秘訣です。

火災リスクも考える必要があります。火の不始末による火災はどうしても避けられません。場合によっては近隣で火災が発生し、延焼することもあり得ます。そのような場合でも火災による消失リスクが低いのが鉄筋コンクリート物件です。いわゆるRC造と呼ばれている物件ですが、このような物件を投資対象にするなら、火災による消失リスクを抑えられます。木造の場合、実際に火災が発生してしまうと、消失してしまうことが避けられなくなるからです。行政が発行するハザードマップを参考にすることもできます。大規模火災の発生リスクが低い地域を選ぶこともできるでしょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.