リノベーション物件のマンション投資

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> リノベーション物件のマンション投資

リノベーション物件のマンション投資

注目が集まっているのがリノベーション物件です。リノベーション物件の特徴として、基礎構造を残しつつ、0から設計をし直すことで新築同様の物件に生まれ変わるという点が挙げられます。建物自体が古くても、リノベーション物件なら不動産価値を高めることができるため、不動産投資家の投資対象としてにわかに人気を集めています。リノベーション物件の可能性に注目すると、マンション投資対象として適した物件だということがわかるはずです。空家率を減らし、利回りを上げる方法の一つとして候補に挙げることができるでしょう。

リノベーション物件は、中古物件の不動産価値を1.5倍以上に高めることも可能なほど、可能性を秘めた物件です。例えば築30年の中古マンションを購入する場合、リフォーム済み物件とリノベーション物件を比較してみると、売価に大きな違いが生じることに気付くことがあります。リフォーム済み物件の販売価格が1000万円なのに対して、リノベーション物件は1500万円〜1700万円で売れることも珍しくありません。しかもスピーディに売却ができるという利点があります。物件の立地条件さえよければ、高い付加価値が見込めます。売買に関して言えばリノベーション物件は優れた価値を提供しますが、マンション投資についてはどのようなことが言えるのでしょうか。

立地条件によりますが、比較的駅からのアクセスがしやすく環境が良い物件であれば、リノベーション物件の空家率は他の物件よりも低くなります。室内は新築物件同様になるため、建物の外観さえ気にしなければ、住み心地が良い物件になります。特に若い世代の家庭は外観を気にするよりも実質重視が多いため、リノベーション物件のような付加価値を高めた中古物件に注意を向ける傾向がみられます。生産性の高い世代に貸すことで、高い利回りが見込めます。もちろん新築物件と比べるなら賃貸価格はある程度引き下げないといけませんが、それでも他の中古物件よりは高い家賃で貸すことが可能です。

リノベーション物件をマンション投資の対象として購入する場合、初期投資が他の中古マンションよりも高くなってしまいますが、新築物件を購入する場合と比べて、費用がそれほどかからないことから、高い利回りが期待できます。しかもメンテナンスにかかる費用は他の中古物件よりも少なくなるため、トータルで考えると、かなりの収益を上げる可能性があります。リノベーション物件をうまく活用するなら、不動産投資で成功を収められるはずです。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.