新築物件のマンション投資

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> 新築物件のマンション投資

新築物件のマンション投資

新築物件のマンション投資は安定した収益を確保するのに向いています。その理由として空家率の低さがあります。一般的に賃貸の不動産物件を探している顧客が住みたいと思う物件は新築物件のほうが圧倒的に多いです。

同じ値段なら多少狭くても、新築物件を選ぶという人が多いのが実情です。そのため、新築物件を中心に不動産投資をしている人は、継続的な収益を見込めます。継続した収益とは別に、考えるべき点があります。それは利回りの低さです。新築物件のマンション投資はどうしても初期投資にお金がかかります。初期投資額が大きくなってしまうため、空家率が低くても、収益はわずかになってしまうケースが見られます。

不動産投資をする際、空家率と利回りとのバランスを考慮しないとうまく行きません。初心者の投資家は空家率を心配するあまり、新築物件にターゲットを絞り込んで投資をするというケースがよく見られます。この方法だと、リスクは低くなりますが、収益と支出のバランスが悪くなってしまいます。例えばワンルームマンションを投資対象として購入する場合、実際の建設費よりも購入費のほうがかなり割高になってしまう傾向がみられます。極端な例として、建設費が1戸あたり500万円に対して、売価が2000万円という場合さえあります。これではデベロッパーをもうけさせてしまうだけです。不動産会社はこのような物件を投資家に紹介し、安全性を強調します。そのため、よく確かめもせずに物件を購入してしまうというケースが時折生じてしまいます。

収益性の低い新築マンション投資を避けるにはどうしたらよいのでしょうか。一つの方法に地方物件を投資対象にするというやり方があります。地方物件は都市部よりも割安な価格で購入できるため、初期投資に必要な額が少なくて済みます。しかも地方によっては、新築物件の空家率が0という優良物件が多いです。メリットを生かして不動産投資を行うなら、利回りの高い投資物件を見つけることができますし、高い収益を確保することで、さらなる投資対象物件を見つけることもできるようになります。

いったん軌道に乗ってしまえば新築物件のマンション投資ほどもうかる投資はありません。別の方法として、投資家自らが土地を購入し、上物を建てるというやり方があります。この方法だと建設費をかなり浮かせられるので、結果的に収益が上がります。新築物件のマンション投資にはいろいろな可能性があることが分かります。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.