海外物件のマンション投資

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> 海外物件のマンション投資

海外物件のマンション投資

不動産投資家の中には、これまでの国内不動産投資から海外のマンション投資へシフトする人が増えています。最大の理由は少子高齢化です。日本は急速な少子高齢化により、将来に対する不安が増大しています。特に不労所得を得ようとする投資家にとって、少子高齢化は耳の痛い話です。もし今の状況が続けば近い将来日本での不動産投資に氷河期が訪れることが確実な情勢だからです。このようなリスクを回避するために、海外のマンション投資を選択する投資家がいます。なぜなら海外では人口が増加している地域があり、投資対象として最適な物件があるからです。機関投資家と呼ばれる人たちの中には新興国での不動産投資に注力している人たちもいます。

新興国では人口の急増により、社会的インフラ整備が迫られているケースが少なくありません。マンションをはじめとする居住物件の必要性は年々高まっています。そのため、不動産投資の対象となりうる魅力的な物件がいくつもあります。莫大な利益を得ている投資家の多くが海外での不動産投資に力を入れていて、個人投資家はマンション投資に力を入れることで、新たな利益確保の手段を模索しています。海外のマンション投資は魅力的に見えますが、国内の不動産投資よりもはるかにリスクが大きいことを踏まえて投資をする必要があります。

国内の不動産投資よりもリスクが高いといえる理由として、為替があります。不動産投資を行う場合、為替に関する知識が必要不可欠です。海外の銀行は利回りが高いところが多いですが、同時に融資を受ける場合、利息が高くつきます。為替リスクだけでなく、融資に関するリスクも把握しておかなければいけないので、初心者にはハードルが高い投資方法だと言えます。すでに日本国内で不動産投資を行い、成功を収めてきた人が、次の一歩として海外のマンション投資を始めるようになる理由がよくわかります。

リスクが高い分利回りも大きいのですが、ほかに注意したいことがあります。それは現地の相場がよくわからず、不当に高い物件を買うことになってしまうというケースです。日本と海外では不動産契約に関する習慣が異なることがあります。特に中東などのイスラム圏では自由主義経済における基本原則が通用しない場合が多いです。こうしたリスクを踏まえつつ、海外でのマンション投資に踏み切るなら、日本国内では得られない莫大な収益を得ることができる可能性が高まります。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.