医師に人気のマンション投資

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> 医師に人気のマンション投資

医師に人気のマンション投資

マンション投資は長期に渡って家賃収入をもたらしてくれるのが魅力です。収入の補填としても最適な選択肢ですが、実は高額年収を得ている医師にも人気があります。年収が多いのに何故マンション投資の必要があるのか、と考えてしまうかもしれませんが、医師とマンション投資は相性が良い資産運用の手段でもあるのです。実際にオーナーとして物件を所有している方も少なくはありません。

医師にとってのマンション投資は、一般の方と比べてリスクを低減できる点が人気の理由です。特に高額な年収を得ている医師の場合、自己資金でマンションを取得することも難しくはありませんし、仮に金融機関のローンを利用する場合でも、自己資金を用意しやすいため、融資の額を少なくできるメリットがあるのです。例えば5000万円のマンションを取得する場合、頭金0円なら満額融資を受けなくてはいけません。しかし、仮に1500万円を自己資金で用意できれば、融資額は3500万円で済みます。

融資を受ける額が少ないほど必要な自己資金も増えますが、ローンの返済額が少なくなり、空室など様々なリスクを減らすことが可能です。利回りの向上にも繋がりますので、場合によっては他の投資手段より魅力的な選択肢となります。更にレバレッジを効かせるために自己資金を増やし、ローンの借り入れを少なくすることも難しくはないでしょう。自己資金を用意しやすい医師にとって、マンション投資はリスクをコントロールしやすく、かつ効率の良い投資方法と言えます。

また、資産運用の方法で迷っている場合にも最適です。例え数千万円の貯蓄があったとしても、超低金利の現代では、定期預金へ預け入れても利息はほんのわずかしか得られません。年間数千円〜数万円ほどしか利息は貰えないのです。しかし、マンション投資であれば、より高い利回りを期待できます。例えば4000万円の物件を自己資金で取得し、年間200万円の家賃収入があった場合、表面利回りは5%にもなります。物件次第では、それ以上の利回りを得ることも不可能ではないのです。

医師にとって、マンション投資はメリットの多い資産運用の方法です。マンションは固定資産で一定の価値を持つため、売却益を得られる点も見逃せないでしょう。相続することを見越してマンションを保有している方や、将来売却できる資産として保有している方も少なくはありません。一定の節税効果も生じるため、各種税金の高さで悩んでいる医師の方は、税金対策として始めるのも良いでしょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.