区分所有のマンション投資

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> 区分所有のマンション投資

区分所有のマンション投資

初期投資にかかる費用が少なくて済む区分所有のマンション投資が人気です。区分所有マンション投資というのはマンションを丸ごと一棟購入するのではなく、マンションの一区画を不動産投資の対象として購入する方法を指します。マンションを一棟分購入する場合と比較して、購入費用が割安になりますし、空家リスクも減少するので不動産投資の初心者向けと言えるかもしれません。東日本大震災以降、災害リスクを重視する投資家が増えていますが、投資物件を複数に分散できるため、災害リスクに強いのも区分所有マンション投資です。

区分所有のマンション投資をする場合、投資先としてワンルームアパートやマンションを選択する人が増えています。ワンルームマンションなどの投資物件は利回りが低いというデメリットがありますが、投資対象となる物件によっては空家率が低いところが多いです。つまり、確実に利回りが望める物件といえます。そのような理由から、将来の不労所得を確保するという意味で、ワンルームマンションを区分所有する投資家が増えているわけです。初期投資にかかる費用が少なくて済むため、複数の区分所有物件を持つことで、利回りを確保する投資家もいます。

投資にかかる費用は物件によりますが、1,000万円程度で購入できる物件が多いです。この程度の費用なら、融資を受ける際の審査に通りやすいですし、失敗したとしても、ダメージはそれほど大きくはありません。特に都心部や周辺で区分所有のマンション投資を行えば、空家率が低く、高利回りが期待できます。不動産投資で珍しいローリスクハイリターンが期待できるのが区分所有マンション投資です。これなら不動産投資に慣れていない人でも手が出しやすいといえるかもしれません。

区分所有マンション投資が楽な別の理由として、管理がしやすいという点があります。マンションを一棟まるまる購入する場合、管理費用などが発生しますが、区分所有型だと、管理組合がマンションを管理し、必要なメンテナンスを行うため、メンテナンスなどにかけるローカルコストを節約できます。管理費用などのコストは投資物件が多くなればなるほど負担になるため、できれば費用をかけない方が良いでしょう。好条件で投資が始められるのですから、区分所有のマンション投資はおすすめの不動産投資方法です。老後資金の確保など、確実な利回りを求める場合、サラリーマンでも手が出しやすいのが区分所有のマンション投資です。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.