都心物件のマンション投資

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> 都心物件のマンション投資

都心物件のマンション投資

不動産投資の対象として、都心部のマンション投資に力を入れる人が増えています。都心部のマンション投資にはさまざまなメリットがあります。その一つが人口の多さです。人口が多ければ多いほど、マンションを借りる人の割合が高くなります。それと同時に空家率も減少します。地方の場合、景気に連動して空家率は高いレベルで上昇します。都市部の場合、景気が若干下振れしたとしても、空家率が極端に下がってしまうということがありません。このことは、都市部のマンション投資のほうが、収益性が高いことを示しています。

都市部のマンション投資で特に人気が高いのが駅から徒歩でアクセスできる物件です。都市部は交通手段が発達しているとはいえ、駅から遠い物件はどうしても敬遠されがちです。駅に近い物件なら、空家率は0に近い物件が多いので、不動産投資家からすれば絶好の投資対象になります。投資対象になるマンション物件は駅からどれくらいの距離が良いのでしょうか。平均すると10分〜15分までなら十分通える距離と考えるようです。それを超えてしまうと、通勤や通学に不便だと感じる人が徐々に増えてきます。つまりこのラインで不動産投資対象を選択すればよいのです。

注意したいのは、駅から近いと言っても、経年劣化の激しい物件は人気が落ちてしまいます。時折テレビなどで紹介されるわけあり物件の中には経年劣化が激しいところが多く、特に若い人の人気が落ちてしまいます。もし経年劣化が激しいのであれば、リノベーションをする必要が生じるため、その分だけ投資額が増えてしまいます。もちろん投資した分だけ回収できれば問題はありませんが、必ずしも回収できるとは限りません。物件の良しあしを見分ける必要があります。こうしたことを考えると、都心部のマンション投資にはリスクが伴うことが分かります。

それでも都心部のマンション投資が人気の理由は、地方のように流動性が少ないことです。不動産投資家の力量が関係する部分ですが、物件をより魅力的に魅せることにより、多少古い物件でも空家率を0に近づけることができたというケースが多いです。具体的には人気の私鉄沿線とか、おしゃれな店舗が立ち並ぶ地域などでは、多少古くでも入居したいと考える人が多くいます。このような状況を活用することで、都心のマンション投資から莫大な収益をあげている投資家もいます。リターンを多く求める人に向いているのが都心のマンション投資といえるでしょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.