マンション投資とリスク

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> マンション投資とリスク

マンション投資とリスク

投資にはリスクが付きものですが、マンション投資も例外なく様々なリスクがあります。注意しておきたいのは、株や債券など、一般的な投資とはリスクの種類が異なる点です。今までにこれらの投資経験がある方でも、損失を被る可能性がありますので、リスク管理には細心の注意を払う必要があります。

マンション投資での最大のリスクが空室リスクです。部屋が埋まらない、入居者が集まらないなどの理由で空室が発生すると、家賃収入が1円も入らない状態が続いてしまいます。空室はそのまま減収へと繋がりますので、ローンを返済できなくなる借金のリスクも増加するのです。家賃保証システムは一定のリスクヘッジとして機能しますが、空室期間を長引かせないような工夫が必要になります。

入居者がいる状態でも家賃を支払ってもらえない、滞納リスクにも注意するべきでしょう。入居者によっては、何年間も家賃を滞納した状態が続くため、早急な対処が必要になります。リスクを減らすために、滞納保証システムがあるマンション管理会社を選ぶのも良いでしょう。また、裁判などの法的手段で解決する方法や、家賃回収の専門会社を利用する方法もあります。いずれにせよ、滞納は減収を意味するため、借金リスクが増える点に注意が必要です。

マンション投資特有のリスクとしては、資産価値の下落リスクがあります。マンションは固定資産として一定の価値がありますが、周辺の地価や不動産相場の影響を受けて価値が下落することが多いため、特に売却を視野に入れた場合は注意しなければいけません。ただし、物件の選び方次第で価値の下落を抑えられますので、投資する物件は慎重に選びましょう。

マンションは自然災害のリスクがあることにも注意が必要です。火災や水害、地震など、いつ起こるか分からない災害は、資産価値の暴落や入居者の退去・空室長期化など、様々な影響を及ぼします。最悪マンションに住めなくなる場合もあるため、防火地域の物件や耐震化済みマンションを選ぶなどの工夫が必要です。自然災害は常に起こりうる可能性がありますので、リスク管理が難しいことがネックと言えます。

他にも管理会社の倒産リスクや利回りの低下リスクなどがあります。ただし、いずれのリスクも回避方法はありますので、リスクコントロールをできればリターンが上回るでしょう。マンション投資はミドルリスク・ミドルリターンと言われていますが、いかにリスクを低減するかが求められます。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.