マンション投資の物件選び

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> マンション投資の物件選び

マンション投資の物件選び

マンション投資の成否を左右すると言っても過言ではないのが物件選びです。 物件は将来的な利回りにも影響するため、慎重に選ばなくてはいけません。マンション投資で多額の負債を抱えてしまう方の多くが、物件選びの段階で失敗しています。長期に渡って利益を上げるためには、収益物件を選ぶことが重要です。では、どういう点に気を付けてマンションを選ぶべきでしょうか。

まず空室を避けるためにも、マンションの交通利便性を確認してみましょう。利便性の低い物件は入居者が集まらず、家賃の下落リスクを生んでしまいます。特に鉄道路線の有無が重要ですが、最寄り駅からの距離と路線の需要をチェックしておきましょう。鉄道路線の駅から近いほど物件の価値も上がります。また、鉄道路線がターミナル駅へ乗り入れている場合も物件の利便性が高まります。

物件周辺にある施設も大切です。例えば子育て中の世帯向けであれば教育機関は必須となりますし、スーパーなど日常的に使う商業施設の有無も人気を分ける要因となります。独身・単身世帯の方向けのマンションであれば、ファーストフードなどの飲食店も重要です。役所や支所、病院などの立地で賃貸物件を選ぶ方も少なくありませんので、これらの施設の有無も確認しておいたほうが良いでしょう。

マンションの設備もチェックが必要です。古い設備のまま更新されていない物件は、相対的に家賃が安く、利回りの低下を招きます。逆に時代に合わせた最新設備を導入しているマンションなら、それが強みとなって人気が出ます。特にドアホンや防犯カメラなど、セキュリティ関連設備はニーズが高く、入居率に影響を及ぼす場合もあります。

マンションの間取りも確認しましょう。間取りがニーズに沿っていなければ、人気薄の物件となるおそれがあります。特に間取りは気をつけるべき点で、例えば物件の立地エリアが学生・単身世帯向けならワンルームや1DKなど、夫婦・家族向けなら2LDKや3LDKのように、エリアの需要に合わせた物件を選びましょう。

管理やメンテナンスなど、購入後のフォロー体制も確認が必要です。マンションの資産価値を保つ上で重要なことであり、長期的に大きな影響を与えます。管理やメンテナンスが行き届いていないと、物件の価値はどんどん落ちてしまいます。また、入居率にも関わりますので、最低でも定期点検や定期清掃の頻度はチェックしておきましょう。古い物件の場合、修繕・改築計画の有無も見る必要があります。修繕計画などの無い物件は価値も低いため価格も安いですが、老朽化リスクが高いことから避けたほうが良いでしょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.