マンション投資の注意点

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> マンション投資の注意点

マンション投資の注意点

マンション投資を始める方は決して少なくはありません。しかし、あくまでも投資の一つであり、注意するべき点は非常に多くあります。もし注意点を考慮せず安易に投資をしてしまうと、多額の負債を抱える羽目になることもあるのです。マンション投資は数千万〜数億円の融資を受けることも珍しくないため、失敗すると負債で生活が立ち行かなくなるおそれもあります。

特に気を付けたいのはマンションの立地です。立地は非常に重要で、例えば駅徒歩5分のマンションと10分のマンションでは、人気や家賃が様変わりするのです。マンション投資でもっとも避けたい事態が空室ですが、立地次第で物件の人気は大きく変わってしまうため、不便なところにあるマンションの場合、人気が出ず空室が長続きするおそれがあります。空室を避けるために家賃を下げてしまうと、収入減収による利回りの低下や、赤字リスクを高める原因となります。

また、銀行などから融資を受けられない可能性もあるので気を付けましょう。マンション投資では、物件そのものを担保に融資を受けることが珍しくありませんが、物件の価値によって融資額が変わります。このため満額を融資してもらえない場合もあるため、自己資金が必要になることもあります。全額融資で始める予定の方は特に注意が必要です。投資を始める前に、マンション投資会社や金融機関に相談してみるのも良いでしょう。

マンション投資は、投資であると同時に経営であることも忘れてはいけません。マンション投資は賃貸相場の動向、エリアの人口推移や施設の変化を定期的にチェックする必要があります。それに加え、マンションの維持管理や住民のクレーム処理、簿記・会計など、様々な問題に対処しなくてはいけません。これらもマンションオーナーの役割ですので、常に経営している意識を持ち続けることが重要です。いずれも時間を取られることから、効率化のためにマンション管理会社へ委託する方もいます。

物件の評価額が変化することも注意する必要があります。マンションは固定資産ですが、価値がゼロになることはありません。何らかの問題などで手放すことになった時も、売却すればある程度の資金が手元に残ります。しかし、マンションの価値は路線価を始め、様々な要因で変動することから、手放すタイミングに気を付けなければいけないのです。例えばローン返済のためにマンションを手放す場合、物件の価値次第では残債が発生するおそれもあります。気になる方は、物件のあるエリアの地価を常にチェックしておきましょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.