マンション投資とローン

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> マンション投資とローン

マンション投資とローン

マンション投資は多額の資金が必要です。物件によっては数百万円で済みますが、数千万円〜数億円の資金が必要になることも珍しくはありません。このため、自己資金のみで投資を始める方は非常に少なく、大半の方はローンを利用しています。マンション投資では、不動産投資ローンと呼ばれるローンを利用しますが、一般的な住宅ローンとは異なる点もあるので注意が必要です。

不動産投資ローンを利用するうえで特に大きなメリットが、少ない自己資金で多額の融資を受けられる点です。マンションなどの物件は高額で、自己資金のみで投資するとハードルが高くなります。しかし不動産投資ローンで融資を受けられた場合、ほとんど自己資金を用意せず物件を購入できるのです。採算性の高い物件であれば、スムーズに融資を受けられるでしょう。

一方でデメリットとも言えるのが、空室によるローンの返済遅延リスクです。空室は減収を意味しますので、空室率が高くなると赤字になり、ローンが返済できなくなるおそれがあります。空室率は常に注意を払う必要があるでしょう。もし物件を売却した場合、残債が残る可能性もありますので、返済計画を立てることも必須と言えます。デメリットもしっかり考慮しておきましょう。

不動産投資ローンは金融機関が提供しています。金利は固定金利と変動金利の2種類がありますが、金融機関により異なるので確認が必要になるでしょう。固定金利のものはずっと金利が一定で、変動金利のローンは定期的に金利が見直され、景況によって金利が変わります。どちらが良いとは言えませんが、マンションの利回りに影響するので慎重に検討しましょう。

また、不動産投資ローンは住宅ローンと審査基準が異なります。通常の住宅ローンの場合、申し込んだ本人の年収や返済能力、信用情報などを重視しますが、不動産投資ローンは物件の採算性や資産価値、需要などを考慮して審査が行われます。例えば年収が多い方でも、マンションの採算性や価値が低いと判断されたり、需要が見込めないと判断された場合は融資が下りない可能性もあります。

不動産投資ローンはメリット・デメリットがありますが、マンション投資をする上では欠かせない資金調達手段です。もし自己資金のみで投資を始めようとすると、資金を貯めるだけで時間が掛かってしまいます。融資後のことも注意しなくてはいけませんが、マンション投資を始めるならローンの利用を検討してみましょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.