マンション投資と保険

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> マンション投資と保険

マンション投資と保険

マンション投資は、長期的に家賃収入を得るためや、相続税対策に始める方が多くなっています。しかし、単に家賃収入などを得られるだけでなく、場合によっては生命保険代わりになることをご存知でしょうか。確かにマンションは固定資産で一定の価値があり、価値が下がりにくいと言った点から、売却すれば生命保険と同様の金銭を得ることも可能です。一度に大きな金額を得られるため、生命保険代わりに運用することも不可能ではありません。

実際にこうした目的でマンション投資を始める方もいますが、実は不動産投資ローンで契約した場合に加入する団体信用生命保険が生命保険の代用となります。団体信用生命保険は住宅ローンを組む際に加入させられることも多い保険です。もし契約者が健康上で問題を抱えた時や、死亡してローンの支払が困難になった場合、団体信用生命保険会社から残債が支払われます。このため、本人や遺族がローンの支払いを免除されるもので、住宅ローン契約時はもちろん、マンション投資で利用する不動産投資ローンを組む時にも加入がほぼ必須となっています。ただし、金融機関によっては加入が任意のため注意しましょう。

団体信用生命保険は保険料が発生するものの、将来的なリスクを回避できることから、メリットが多い保険です。万が一に備えられることが最大の強みで、家族や周囲にローンの負担を残すことが無く完済することができます。マンション投資を始める際にローンを組む方は少なくありませんが、団体信用生命保険で備えておけば、ローンの借金リスクをヘッジできるのが魅力です。

もしマンション投資を始めた本人が死亡した場合、残りのローンは団体信用生命保険が弁済しますが、購入したマンションが手元に残ります。このため、ローンは保険で完済される一方で、物件を手放さない限り家賃収入を得ることができます。家族にいっさいの負担を与えず、かつ取得したマンションを残せることから、生命保険の代わりにマンション投資を活用することも可能です。

ただし、団体信用生命保険は加入時に保険会社所定の審査があります。特に既往症がある方は、審査に影響を与える場合があるので注意が必要です。しかし、既往症を隠したり、虚偽の申告をすることだけは絶対に避けましょう。もし病気などでローンが返済不能になった場合、既往症が発覚すると保険金が支払われないおそれがあります。何らかの病気を抱えている方は必ず申告しておきましょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.