マンション投資の失敗例

マンション投資TOP >> 条件別のマンション投資 >> マンション投資の失敗例

マンション投資の失敗例

マンション投資で失敗する方もいます。マンション投資にはリスクが付き物のため、失敗だけは避けたいところですが、間違った物件選びや目的によって多額の損失を被る方や、計画が狂ってしまった事例も少なくは無いのです。誰もが成功する訳ではありませんので、マンション投資で失敗しないためには、失敗例を知り学ぶことが重要と言えます。

特に多い失敗事例が、地方都市などでリサーチをせずマンション投資を行ってしまうケースです。一度も訪れたことがない場所や、住んだことがない場所でマンション投資を行うことは珍しくありません。しかし、そのエリアの賃貸需要や人口動態、商業施設や交通利便性などのエリアの情報を収集せず、投資会社の勧めで投資してしまうパターンです。間違った物件を選んでしまい、空室が埋まらず赤字になる可能性があります。エリアのニーズや物件周辺の状況を把握せずマンション投資を行う方は意外と多く、失敗してしまう典型的なパターンとなっています。

また、ターゲットの見込みを間違えてしまうケースも多い失敗事例です。例えば学生が多いエリアで3LDK・4LDKのマンションを運用したり、子育て夫婦をターゲットにマンションを取得したものの周辺に病院や教育機関が無かった、などのパターンです。いずれもターゲットに合った物件・立地とは言えず、中々入居者が集まらない失敗事例と言えます。学生向けならワンルームや1LDKなど、子育て夫婦向けなら周辺施設や間取りに注意して物件を選ばなくてはいけません。こうした失敗も多くありますので、物件とターゲットが合っているか確認することが重要です。

空室リスクを考慮せず、ローンが返済できなくなる失敗例も多くなっています。マンション投資は空室が発生することも珍しくありません。しかし、多額の融資を受けてマンション投資を始める一方、空室が発生して家賃収入が途絶え、その結果大赤字を抱える失敗が後を絶たないのです。ただ漫然と儲かると考え、物件の担保力以上の融資を受けてしまうと借金を抱えるリスクが大きくなります。最も気をつけるべき失敗例といえるでしょう。

また、老朽化した格安物件を取得し、修繕・改築費用で赤字を抱える例や、サブリースの契約変更で家賃収入がダウンするケース、近隣の工場・学校閉鎖で賃貸需要が無くなるパターンなど、マンション投資は様々な失敗例があります。いずれにせよ、物件のエリアのリサーチを入念に行い、ターゲットを明確にし、一定のリスクを考慮するなど、入念に投資計画を立てることが望ましいでしょう。

マンション投資物件も豊富!不動産向け資料請求ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
Oh!Ya(オーヤ) 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


Copyright (C) 2017 【マンション投資大学】※無料資料請求からスタート All Rights Reserved.